日に焼けるまで チンジャオ娘|「電子書籍が好きじゃない」という人も少なからずいますが…。

日に焼けるまで チンジャオ娘|「電子書籍が好きじゃない」という人も少なからずいますが…。

「この棚に並んでいる全部の日に焼けるまで チンジャオ娘が読み放題だとしたら、どんなに楽しいだろう」という利用者目線の発想を元に、「月額料を支払えば購入の都度支払手続きをしなくてよい」というスタイルの電子書籍が考案されたのです。
どんな時でも無料日に焼けるまで チンジャオ娘が楽しめるということで、ユーザー数が増えるのは少し考えればわかることです。店頭とは違い、他人の目を憚ることなく立ち読み可能だというのは、電子書籍だからこその利点だと思います。
日に焼けるまで チンジャオ娘好きを知られたくないと言う人が、ここに来て増えていると聞きます。部屋に日に焼けるまで チンジャオ娘は置けないといった事情があっても、日に焼けるまで チンジャオ娘サイトであれば誰にも気兼ねせずに日に焼けるまで チンジャオ娘が楽しめます。
断捨離という考え方が世間に受け入れてもらえるようになった今の時代、日に焼けるまで チンジャオ娘も単行本という形で保管せず、日に焼けるまで チンジャオ娘サイトを経由して愛読するという人が拡大しています。
電子コミックを堪能するなら、スマホが便利ではないでしょうか?PCは持ち歩くなんてことはできませんし、タブレットもバスなど人混みの中で読むという場合には適していないと言えるのではないでしょうか。

「スマホの小さい画面なんかでは読みづらくないのか?」という疑問を持つ人がいるのも承知していますが、その様な人も電子コミックを手にしスマホで読んでみれば、その利便性に驚愕する人が多いようです。
電子コミックのサービスによっては、1巻全てのページを無料で試し読みできちゃうというところもあるのです。1巻を読んで、「もっと読みたいと思ったら、その先の巻を有料にて読んでください」という販促方法です。
日常とはかけ離れた物語の世界を堪能するのは、心身をリフレッシュするのに半端なく実効性があります。難しい内容よりも、単純で分かりやすい無料アニメ動画などの方がいいと思います。
雑誌や日に焼けるまで チンジャオ娘を含めた書籍を買う際には、中をパラパラめくってチェックした上で判断する人の方が圧倒的です。無料コミックなら、立ち読みするかのように中身をチェックするのも容易いのです。
「電子書籍が好きじゃない」という人も少なからずいますが、スマホを使って1回でも電子書籍を読めば、その気軽さや決済のしやすさから何度も購入する人がほとんどだと聞きます。

決済前に試し読みをして日に焼けるまで チンジャオ娘の物語を把握した上で、納得して買い求めることができるのがWeb日に焼けるまで チンジャオ娘サイトの特長です。決済する前にストーリーを把握できるので間違いがありません。
「どの業者で本を買うか?」というのは、結構大事なポイントになると考えます。購入費用とかコンテンツなどが異なるわけですから、電子書籍はあれこれ比較して判断しなければいけないでしょう。
電子書籍への期待度は、これまで以上に高くなりつつあります。そういう状況の中で、特にユーザーが増加しつつあるのが読み放題というサービスになります。購入代金を気にせずに読めるのが支持されている大きな要因です。
電子コミックが親世代に支持されているのは、幼いときに何遍も読んだ日に焼けるまで チンジャオ娘を、再び気軽に見ることができるからということに尽きるでしょう。
幼少期に何度も読んだ懐かしさを感じる日に焼けるまで チンジャオ娘も、電子コミックとして購入できます。書店では並んでいないような作品も豊富にあるのが特色だと言えるのです。

【あらすじ】肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは1話

【あらすじ】肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは1話

 

エロ漫画の絵もエロく話もエロくするエロさの伝道師、「南田U助」氏。そして、エロ分野の第一人者であるCG画像の技術を持つ「チンジャオ娘」氏がコラボした「肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは」。

これは、「ブッコミ」の独占配信をしている注目作品です。

「肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは」はどういう話から始まってくるのでしょうか?

その記念すべき第1話のあらすじに迫ります。

それは、悪戯っ子が他家のお母さんに性欲を持つということは幼い記憶として持っているものではないではないでしょうか?

主人公のお母さん。

それは、「肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは」の本性です。

肝っ玉があって、正義感あって、悪い子のお尻をビシバシと叩くようなお母さんです。

そこに、主人公の友達が性欲を持ちます。

そして、ズリネタにします。

エロい友達のお母さんの体でもちもちしてシコシコしてしまうのです。

これ以上の少年の夢ではないでしょうか?

そうしたものが第1話で大インパクトに出てしまうのです。

「肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは」の体を存分に味わってセンズリして、ズリネタの材料にしてしまいます。

まさに悪鬼非道の悪ガキです。

その名もタツヤ。

悪ガキエロエロ王タツヤでございます。

 

【感想】肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは1話

ここからは感想になります。

同級生のお母さんを滅茶苦茶にしてエロいことしたい。

エロさがわかんなくてお母さんはお母さんだよ。

小学生ならどちらかにわかれますよね。

「肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは」はそこらへんがよくできていると感じました。

悪餓鬼という設定と肝っ玉母さんという関係性。

そして、大事なのは子供パワー。

そこに見事なエロスを吹き込むことで、より作品がイキイキとしています。

今の精神のまま、小学生に戻ったら、あの時のあのお母さんをこんな風にエロエロにズリネタにして気持ち良くなりたいと思いました。

子どものエロスというのは無邪気な感じですよね。

無料視聴で観られるシーンにも入っていましたが、ダッシュで肝っ玉母さんのお尻を揉むという子どもながらの痴漢シーンは、わくわくもあり、悪戯心のあるエロスとなって、女の顔を見せない女を狩りしているような気持ちを沸騰させます。

【あらすじ】肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは2話

【あらすじ】肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは2話

前回の第1話は前座のようなものです。いわゆるエロに入る前の前戯となっており、2話になって本格的なエロスが始まります。

つまりはセックスです。

「肝っ玉母さん」と評判な正義感と論理感、道徳観をしっかりと持っているお母さんが、悪戯坊主タツヤの手によって遂にセックスをしてしまいます。

旦那とのセックスもいつしたか……そんな状況で、強引に求められ、和姦され、ショタペニスがマンコにずぼずぼ行き来することになってしまいます。

童貞の悶々としたエロスと悪戯坊主特有の「したいことを全力でする主義」が重なって、何度もセックスの経験がある「肝っ玉母さん」がメロメロになるほどの性欲で支配されてしまいます。

爆乳を揉みしだかれ、勃起したペニスは小さいながらも子どもとは思えない大きさでガチガチに硬直し、「肝っ玉母さん」は矯正の喘ぎ声を思わずあげてしまいます。

その激しいセックスは技術こそないもののやる気溢れる営業マンのスマイルの笑顔が性に満ちたような顔つきで、「肝っ玉母さん」とタツヤは1つになって欲望のままに表情を浮かべ、その証拠として精液を吐き出すのでした。「肝っ玉母さん」も若いペニスに支配される第一歩となっています。

 

【感想】肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは2話

初めての相手へのセックス。これは誰でも一番興奮するものだと思います。

「ふたりエッチ」の夫婦の中でラブラブエッチをしまくっている漫画よりも、普通のエロ漫画の方が売れているのがその証拠です。

男はとにかく色んな女にペニスを突っ込みたいのです。

調教やラブラブの始まりを期待させる心から沸騰させる興奮があります。

その欲望を見事に描いていると感じました。

中でも圧倒されたのは、「南田U助」氏の描くショタエロを熟知した興奮するセックスへの導入への仕方のストーリーが、「チンジャオ娘」氏のCG画像の技術によってカラーでエロく、むちむちとしながらも丁寧できめ細かい表現をされていて、それが興奮を増大させます。

「肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは」の神髄が詰まっている2話であったと言えるでしょう。

熟女とショタ。

気の強い女性とサド男。

そうした関係性がはっきりと明白になる「肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは」の良いところが味わえる話となっています。

セックスシーンを早く見たいという方は2話から購入しても良いですが、ストーリーから入った方がよりエロい気分になれるので、まずは1話を購入してみることをおすすめします。

【あらすじ】肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは3話

【あらすじ】肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは3話

働いている「肝っ玉母さん」が職場で女の顔を見せてしまいます。

職場でエッチするのは男の夢ですが、それが働いている姿をお客さんに見せながらだと尚更です。

接客業で働いている「肝っ玉母さん」の元に悪戯坊主タツヤが強引にやってきます。

そして、レジの中に潜り込み、むにむにと「肝っ玉母さん」の下半身を触りまくってふとももにお尻にマンコ、そして店内セックスにまで発展してしまいます。

まさに、「肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは」という瀬戸際ですね。

「肝っ玉母さん」が女の顔を見せてしまってはお客さんに気づかれてしまいます。

店内には愛する我が子の姿もありました。

息子に、「肝っ玉母さんである自分の女の顔を見せてしまっては、心の傷が残ること間違いありません。

必死で隠そうと喘ぎ声を押し殺すのですが、タツヤの攻撃は加速していきます。

その結果、誰も見られていないタイミングで最大限に「肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは」この時だ、とばかりに弾ける性欲の表情で絶頂を押し殺してしまいます。

若いペニスと初々しい手と純粋な性欲の精神が、肉肉しい体と気の強い精神を持つ「肝っ玉母さん」のエロい体を完全に弄ぶ第3話となっています。

【感想】肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは3話

浮気セックスを職場で行うということで、公共の場にいながらの「隠しセックス」として非常に良くできた3話でした。

仕事場に立つぷりぷりとしたお尻を下から見上げる。

このシーンだけでも最大限に興奮しました。

下半身マニアには堪らないですね。

おっぱいかお尻かを問われればお尻を取るタイプの人にはドストライクです。

普通のセックスだとお互い寝ころんでいるので、下半身だけを好きなだけ弄らせてそこからセックスさせてくれる女性というのは現実にはなかなかいないですよね。

そんなプレイを頼んだら、その日の内に別れ話に発展するかもしれません。

しかし、「肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは」第3話ではその夢を観賞することができます。

しかも、ハイクオリティーです。

恥辱の表情が好きな痴漢趣味の男性にはかなり興奮する3話となっておりますので、そうした痴漢趣味の方は「肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは」のこの3話だけを購入するという手もあります。

「肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは」は完結していますので、全話購入が望ましいですが、1話86ポイントを上手く節約したいという方にはそういう方法もあり、と言えるほど単体として優秀な会となっております。

【あらすじ】肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは4話

【あらすじ】肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは4話

 

愛する家族のために料理中の「肝っ玉母さん」に悪戯坊主タツヤが悪戯を仕掛けて、「肝っ玉母さん」は愛する家族のための努力よりも、自分の性欲のための努力に励んでしまいます。

料理中で手が包丁で塞がった「肝っ玉母さん」の体を好き放題もみもみするタツヤ。

「肝っ玉母さん」が抵抗しないのを良いことに触り放題、揉み放題しまくります。

お尻もおっぱいもあそこも自由自在です。

しかも、直ぐ壁の向こうには愛する家族がいるのです。

むやみに怒鳴ったり、追い返したりすることもできず、そこから段々と気持ちはシフトしていき、喘ぎ声を出すのを我慢して家族にばれないように必死です。

そして、流れでタツヤはお泊りに。

目的はもちろん、「肝っ玉母さん」との性交渉です。

この日を始まりとして、愛する家族の近くで肉欲を最後まで発散させる完全なセックスをしてしまいます。

セックスはタツヤの恐ろしいまでに強い性欲が尽きるまで続きます。

「肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは」その夜全ての時間となり、徹夜でオールのセックスを2人で楽しんで淫らに喘いで、肉欲、性欲、精神欲、全てのエロスをそこで発散したのでした。

 

【感想】肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは4話

【感想】4話になってやっと「その場エッチをする関係」から「肉体関係のある愛人的セックスをする関係」へとシフトします。「肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは」の「肝っ玉母さん」が完全に堕ちる4話です。

興奮したのは、料理中の悪戯エッチですね。

新婚でもないのに、女の砦で好き放題にもみくちゃされてしまう。

最高のシチュエーションです。

何度見てもエロい気分が沸き出てきます。

和姦と痴漢の中間点的な子どもエッチに憧れを持っている人も多いはずです。

そうした人は「肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは」の4話だけを購入するのもいいかもしれませんね。

お泊り性交渉も必見です。

今まで背を地面につけてセックスしなかった「肝っ玉母さん」が初めてタツヤに対し、全てを許して、全ての欲望を吐き出す濃厚なセックスをしています。

「南田U助」氏のセックスストーリーと「チンジャオ娘」CG画像の技術がタッグを組んで単純にセックスシーンとして完成度が高いです。

「肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは」を全話購入する1つの材料として、まずはこの4話を購入して判断してみるというのもありですね。

エロさの技術を判断するのに相応しい要素が詰まっています。

【あらすじ】肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは5話

【あらすじ】肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは5話

ついにタツヤの手に堕ちた「肝っ玉母さん」が完全にメスの本性に従ってしまい、タツヤの提案する野外プレイに応じてしまいます。

そこは、男子学生が通る場所。

思春期真っ盛りの男子学生が、自分より年下の小学生が自分より年上のエロい熟女とセックスしてしまう姿を見て嫉妬よりも興奮を覚えてしまいます。

「自分もこんな小学生生活送りたかったなあ」

「それにしてもエロい女だな」

「近所で有名な肝っ玉母さんがこんないやらしいことをしている……!」

そんな男子学生の思考が視線を伝って、直に「肝っ玉母さん」の脳内にやってくると同時に、タツヤのペニスがずぼずぼしていき体をまさぐられて肉体的な快楽がやってくるので、背徳感と快楽で最高に気持ち良い顔をしてしまいます。

「肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは」、自分がタツヤだけとセックスしているという瞬間。

男子学生に見姦はされているものの、体は男子学生に触らせず、タツヤだけの露出プレイを堪能してしまいます。

今まで悪戯に回っていたタツヤが、完全に「肝っ玉母さん」を調教してしまうのでした。

 

【感想】肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは5話

【感想】第5話は調教露出プレイですね。

今までの話があったからこそ、「ここまで肝っ玉母さんをメスにしたか!」と思わせています。

興奮したのはバックでのプレイです!

最初に「肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは」を見た時から、カラーのリアル感あるムチムチ感を完全演出する「チンジャオ娘」氏のCG画像技術が完全に尻に力を入れていると感じていました。

一般紙でもおっぱいを魅力的に描くのは大切なので、おっぱいのふくらみには漫画技術法としてマニュアル本は沢山あります。

しかし、お尻は違います。

一般紙でお尻を卑猥にすると、普通の人は「作者変態だな」と思って、敬遠してしまいます。

そのため、お尻のマニュアル本はありません。

それに、お尻の正解もありません。

小ぶりですべすべしたお尻が良いのか、ぷりぷり感がいいのか。

好みが別れるところです。「チンジャオ娘」氏は完全にぷりぷり派ですね。

「肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは」のお尻のぷりぷり感は、完全に「チンジャオ娘」氏の情熱で描かれているのです。

それを完全に見せつけながらのセックス。

もう堪りませんね。

よだれをふき取るのに精一杯でした。

露出プレイマニアの人はこの「肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは」の5話だけ購入してもいいかもしれませんね。

完全に調教するタツヤへと真の姿を見せた5話でした。

【あらすじ】肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは6話

【あらすじ】肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは6話

【あらすじ】家族が外に出かけている主婦のフリータイム。

そこで浮気をしている主婦も多いはずです。

「肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは」の第6話では、まさにそんなフリータイムな1日で朝から晩まで浮気セックスで生ハメしてしまうという内容になっています。

しかも、使うのは息子のベッド。

ゴムなしの中出しです。

完全に子どもの寝るベッドの上で、弟作りの子作りしちゃっています。

将来、「お兄ちゃんと○○はね、お父さんが違うんだよ」というような告白を同級生にさせる未来を作る濃厚な完全に受精しちゃっているセックスです。

1日「肝っ玉母さん」を自由にできると聞いて朝にやってきたタツヤ。

そのタツヤによって「肝っ玉母さん」の息子であり、タツヤの同級生である男の子のベッドに誘導されます。

そこでお互い完全に素っ裸になってセックスをするという背徳ストーリーとなっています。

「肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは」、子どもを裏切る背徳感。

そして、若いペニスなのです。

浮気しているのは、息子の同級生。

家事もせず、やることといえばセックスだけ。

そんな背徳感ある「肝っ玉母さん」だったメス豚のエロエロ濃厚セックス日和な1日を密着取材してお送りしています。

 

【感想】肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは6話

相手がショタなので、不倫もののようなドロドロした感じではなく、ソフトな浮気ものの背徳感あるセックスを描いていますね。

第6話は完成された熟練セックスです。

浮気もののセックス三昧な1日。

ある意味、エロ漫画の王道的ストーリーとも言えます。

考えるな、感じるんだ。

そんな感じのストーリーですね。

しかし、「肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは」では今までのストーリーがある分、その興奮度はアップします。

「ここまで成長した関係になったか……」

そう思わせる第6話です。

セックスシーンがとにかく濃厚でエロいです。

「肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは」の見どころは、絵のぷりぷり感やセックスシーンの完成度の高さもあるのですが、ストーリー的なエロさの方の純度が高いので、「肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは」を全話購入する際に参考にしたいという方はこの6話から購入するのはあまりおすすめしません。

今までの「肝っ玉母さん」のお尻を触って逃げるタツヤの悪戯から始まって、段々エスカレートしていき、調教され、心までタツヤに捧げるようになった「肝っ玉母さん」の浮気

【あらすじ】肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは7話

【あらすじ】肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは7話

【あらすじ】不倫の定番と言えば、温泉旅行ですよね。

とにかく1泊、夜の間中ずっとヤりたい。

だけど問題なのは昼間の時間です。

相手の好みに合ったデートプランなんかを考えるのは面倒くさいし、そもそもそれが成功するかどうかもわかりません。

しかし、温泉なら誰でも好きです。観光地も整備されています。

そんな大人の事情をくみ取った温泉旅行。

第7話ではその温泉不倫旅行を、主婦と小学生という関係性の中、やってしまいます。

「肝っ玉母さん」は曲がったことが大っ嫌いだった女だったはず。

でも、今回は不倫相手のタツヤとの子作りという曲がったことをしてしまいます。

それも全ては性欲と愛情のため。

生理も終わり、排卵したての子宮となった「肝っ玉母さん」の体。

タツヤの精子はもちろんいつでも溢れんばかりに排出できます。

子ども作りの環境は万全です。

そう、「肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは」、子どもを作る瞬間です。

温泉を楽しむのはちょっとの時間だけ。

楽しむ時間の大半は旅館の布団の上で使ってしまいます。

フェラチオでご奉仕して、タツヤのペニスをリラックスさせると、交尾しまくって温泉旅行の一夜を楽しむのでした。

 

【感想】肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは7話

【感想】第7話は閑話休題といった感じですかね。

これといった関係性の変化や特質なプレイがあるわけでもありません。

「肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは」を見るにはサイトで紹介されているブッコミという電子書籍販売サイトでしか見ることができませんが、ブッコミ内でのポイントが危ういという感じの人は飛ばしてしまってもいいかもしれません。

ただ、エロさは半端ないです。

それはもう妊娠をするためのセックスなのですから、今までのセックスを楽しむためのセックスとは訳が違います。迫力満点です。

マン汁も精子も飛び交います。

肝心のセックスシーンでは、「チンジャオ娘」氏のCG画像技術が光っています。

肉という肉を全てエロスな肉に変えています。

ふとももからおっぱいに至るまで、全てがカラーで立体感があり、エロスが溢れかえるボリューム感があります。

「肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは」第7話。

ストーリーは温泉旅行での不倫の体験がある人は、その時のことを思い出して興奮度は増すでしょう。

まだまだそんな大人な関係は……というお子様にはちょっともの足りないかもしれません。

作品のセックス満足度としての点数としては98点です。

温泉的な気分でエロい気持ちになって、すっきりしたい方。

【あらすじ】「肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは8話」

【あらすじ】「肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは8話」

【あらすじ】「肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは8話」では、主に「肝っ玉母さん」と悪戯坊主タツヤが画面を占めていますが、一応の主人公は「肝っ玉母さん」の息子でタツヤの同級生である小学生です。

自分のお母さんのお尻を触って興奮するタツヤを見ても、
「あんなおばさんのお尻を触って何がいいんだか」
と傍観者気味です。

しかし、第8話ではメインの主人公となります。

それは寝取られキャラです。

ある日、妊娠の予兆を感じた「肝っ玉母さん」。

一度は妊娠と出産を体験しているので、わかってしまったのでしょう。そして、検査キットの結果、確実に……。

この第8話では、その結果を主人公に報告します。

もちろん、どういうことをすれば子供ができるのかレクチャーを踏まえながら、です。

「ついに本当にこの子のメスにされちゃった」
と、同級生を紹介されれば動揺するのは当たり前ですよね。

そう。

メスとはどういうことなのか?

子どもはどうやって生まれるのか?

無垢な主人公はそこで初めて真実を知ることになります。

その結果、エロいお母さんの姿を見せられながら、納得することになります。

今回、「肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは」、息子の目の前です。

【感想】「肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは」の最終話に向けた伏線となる第8話となります。

ハッピーエンドの前にはひと悶着あるのは王道で、こうした内容になるのも納得です。
全ては「肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは」を完結させるため。
そのための話ですね。

全9話ある「肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは」の最終話の手前の話とあって、今までのエロいストーリーをまとめる感じになっていっています。

ストーリー重視の話ではあったと思います。

ただ、大事なお母さんを寝取られた主人公の気持ちを考えると、NTR属性の人には堪らない興奮があるでしょう。

逆に寝取り願望がある人にとっては、
「お前の大事な母ちゃんをエロメス豚にして妊娠までさせてやったぜ」
と宣言するようなものですので、それはそれで興奮するものがあると思います。

作品の楽しみ方は人それぞれです。

【あらすじ】「肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは」の最終話

【あらすじ】「肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは」の最終話です。

そして、ハッピーエンドでもあります。

エロゲーでいうと妊娠エンドですね。「肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは」では父親との関係が壊れることなく、タツヤとの子どもをお腹に宿した「肝っ玉母さん」が出産して子どもを産みます。

そして、赤ちゃんにも母乳をあげながら、タツヤにも母乳をあげるという一種の王道妊娠ルートでしっかりとハッピーエンドで終わっています。

もちろん、腹ボテセックスもあります。

母乳プレイもあります。

 

最終話の「肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは」、自分の赤ちゃんの前です。

 

 

赤ちゃんの世話をしながら、タツヤとのエッチも熟していく「肝っ玉母さん」は、今までの主婦という概念だけでなく、女としても価値が上がり、どんどんエロく、そして綺麗になっていきます。

タツヤとの関係はそのままに、父親は何も事実を知らずに自分の子どもだと大喜びし、家庭も崩壊せず、幸せな結末となっています。

第9話は、最終話として後腐れがない、しっかりとまとまったハッピーエンドとして完成されていますね。

 

【感想】最終話。「肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは」

とても良かったです。「肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは」らしいとても清々しい終わり方で、その後のエロスもしっかりとまとめながら、バッドストーリー要素なく、綺麗にまとまっています。

エロ要素は、妊娠セックスや母乳プレイなど、妊娠要素が非常に多かったので、妊婦好きには「肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは」の第9話だけを購入するというのも1つの手ですね。

妊娠したパンパンになった腹も、妊娠後のエロくなった肉肉しい体も、「チンジャオ娘」氏CG画像技術によって脳に叩きこむようなインパクトを与えてくれます。

それもありだと思います。このサイトでこれまでの「肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは」の流れは公開してきましたし、妊娠プレイ目的ならそれもそれで。

今の時代、年間19万人ほどの赤ちゃんが中絶によって命を奪われているというデータがあります。出産数の2割近くが中絶され、命が失われています。それだけ多くの妊娠にまつわる不幸があるからです。

そうした中、「肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは」のような妊娠でハッピーエンドになるようなストーリーは例えエロ漫画であっても貴重なものであると思います。

総合的に見て、とても良かったです。

是非とも周りに勧めたいと思える最終話に仕上がっていました。