【あらすじ】肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは7話

【あらすじ】肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは7話

【あらすじ】不倫の定番と言えば、温泉旅行ですよね。

とにかく1泊、夜の間中ずっとヤりたい。

だけど問題なのは昼間の時間です。

相手の好みに合ったデートプランなんかを考えるのは面倒くさいし、そもそもそれが成功するかどうかもわかりません。

しかし、温泉なら誰でも好きです。観光地も整備されています。

そんな大人の事情をくみ取った温泉旅行。

第7話ではその温泉不倫旅行を、主婦と小学生という関係性の中、やってしまいます。

「肝っ玉母さん」は曲がったことが大っ嫌いだった女だったはず。

でも、今回は不倫相手のタツヤとの子作りという曲がったことをしてしまいます。

それも全ては性欲と愛情のため。

生理も終わり、排卵したての子宮となった「肝っ玉母さん」の体。

タツヤの精子はもちろんいつでも溢れんばかりに排出できます。

子ども作りの環境は万全です。

そう、「肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは」、子どもを作る瞬間です。

温泉を楽しむのはちょっとの時間だけ。

楽しむ時間の大半は旅館の布団の上で使ってしまいます。

フェラチオでご奉仕して、タツヤのペニスをリラックスさせると、交尾しまくって温泉旅行の一夜を楽しむのでした。

 

【感想】肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは7話

【感想】第7話は閑話休題といった感じですかね。

これといった関係性の変化や特質なプレイがあるわけでもありません。

「肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは」を見るにはサイトで紹介されているブッコミという電子書籍販売サイトでしか見ることができませんが、ブッコミ内でのポイントが危ういという感じの人は飛ばしてしまってもいいかもしれません。

ただ、エロさは半端ないです。

それはもう妊娠をするためのセックスなのですから、今までのセックスを楽しむためのセックスとは訳が違います。迫力満点です。

マン汁も精子も飛び交います。

肝心のセックスシーンでは、「チンジャオ娘」氏のCG画像技術が光っています。

肉という肉を全てエロスな肉に変えています。

ふとももからおっぱいに至るまで、全てがカラーで立体感があり、エロスが溢れかえるボリューム感があります。

「肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは」第7話。

ストーリーは温泉旅行での不倫の体験がある人は、その時のことを思い出して興奮度は増すでしょう。

まだまだそんな大人な関係は……というお子様にはちょっともの足りないかもしれません。

作品のセックス満足度としての点数としては98点です。

温泉的な気分でエロい気持ちになって、すっきりしたい方。