肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは大沢恵美子プロフィール

肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは大沢恵美子プロフィール

BookLiveコミック【肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは】※スマホ専用
肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは
大沢恵美子 〇〇歳
 T1〇〇 B〇〇 W ●● H〇〇
溢れ出るフェロモン!!
エロ魂を揺さぶるそのオーラ
エロすぎ!!

 

 

 

中にたっぷり中だししていいんだよ

かあちゃんは感情は高揚して湧き上がる気持ちを抑えることができませんでした。

しなびたお尻にかぶりつかれ、

本能のまま肉棒にしゃぶりついていました。

肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは、女性をメス化さえる行動をとってくるタツヤ

タツヤは恵美子の性欲を刺激する言動を取り、我慢させなくします。

発情ムラムラさせて、おばちゃんが家に来た日に当日即ハメです。

こんな手があったのか?と目から鱗ですね。

夫のよりでかい巨根に大興奮。

女を久しぶりに思い出して淫らなメスに変貌。

肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは

おっぱい好きにはたまらないそのスタイル。

 

肝っ玉母さんが女の顔を見せるのはのメインキャスト大沢恵美子について

BookLiveコミック【肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは】※スマホ専用

何をしてもいやらしいそのスタイル

とてもまじめで丁寧な話し方です。

 

それほど距離感を感じず、どこにでもいる母ちゃんって感じです。

 

 

挟んで良し!触って良し!
揉んで良し!
何をしても大興奮!

 

 

熟れた美ボディをご堪能いただけます。

 

 

明るく素直で人柄の良さがにじみでている画像です。

肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは「ショタチンポに大興奮かあさん」

BookLiveコミック【肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは】※スマホ専用

まじかで観るタクヤのおちんちんに大興奮の肝っ玉母さん。

 

 

ピストンにビクンビクン。

私、これ以上されたらおかしくなっちゃう….

 

 

 

最初はタクヤに強引に体を奪われますが次第にエロく変貌していきます。

デカチンポ見たら微笑みながらシゴクエロい女になっていきます。

ちんぽ狂いの精子好きになっていく恵美子。

 

 

 

我慢できずに濡れスケハメハメ。

 

 

 

巨乳人妻さんとセックスしたら騎乗位が激しすぎました。

BookLiveコミック【肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは】※スマホ専用
肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは

第1話 「ホント、しょうがない子だねぇ」悪戯坊主のオネダリに負けた肝っ玉母さんは…

第2話 「こんなに強くオスから求められたのはじめてかもしれない」若いペ○スに貪り尽くされて

第3話 「こんなとこ息子やお客さんに見られたら!?」店内で隠れて浮気セッ○スに耽る母

第4話 「こ、コラ!料理中だってのに…」家族に嘘をついて若いオスとお泊り生交尾

第5話 「あたしはタツヤだけの女なの!」近所の男子学生たちに交尾姿を見せつけて

第6話 「息子のベッドで子作りしちゃってる」家族の外出中、朝からずっと浮気生ハメ

第7話 「排卵したての子宮に精○入ってくる」本気で不倫子作りするための温泉旅行

第8話 「ついに本当にこの子のメスにされちゃった」ある日、俺に弟か妹ができたことを告げられた

第9話 「いけないパパだねぇ♪赤ちゃんのミルク取っちゃって」肝っ玉母さんが綺麗になった理由

肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは【あらすじ】

 

「肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは」は、気が強くていつもパワフルな元気お母さんが近所の悪戯坊主タツヤに調教されて妊娠してしまうというストーリーです。

『近所では「肝っ玉母さん」と評判で、曲がったことが大嫌いで、悪いことをしたら誰だろうと容赦なくゲンコツ制裁。そんな怖いところもあるけれど立派な母さんを尊敬していた』という主人公の敬意が、エロスで裏切られるという話ですが、最後はハッピーエンドで終わっています。

 

面倒見が良い性格から、世話を焼いていたショタっ子に、逆に性的関係を持たれて手駒にされ世話されるという何とも色々な要素が詰まったあらすじとなっています。

 

作画とストーリーは「南田U助」氏が担当しています。

そして、エロ分野の第一人者である顔を持つ「チンジャオ娘」氏がそれをCG画像にしてくれて画像のエロスが白黒の何十倍にもアップさせ、「肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは」は完成されています。

 

1話から9話までの9巻で完結されており、サクサク読むことができながらもストーリーやエロスの濃厚さを味わうことができる作品です。

肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは【感想】

 

絵は最高基準を達していると感じました。それは何故かというと、「チンジャオ娘」氏がまるでエロゲーの画像のように一コマ一コマカラーでCGとして塗り上げていってくれているからです。技術的には最高点です。

 

「南田U助」氏のストーリーに関しましても、需要は様々あると感じました。

肉肉しい体の熟女のエロスが見たい。
ショタっ子セックスが見たい。
調教ものが見たい。
悪戯系痴漢ものが見たい。
妊娠中出しプレイが見たい。
寝取り寝取られものを見たい。

そうした様々な需要をしっかりと押さえて、世の中のニーズを着実に拾っています。

ただ、「肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは」は、フレッシュなアニメチックなオタク系の美少女を扱っているわけではありません。

「肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは」は、それとは正反対で生々しいタッチで肉欲のエロスを取り扱っている作品になっています。

しかし、一度見てしまえば虜にしてしまう実力を持ったエロ漫画ですので、どんな人でもまずは見てみることをおすすめします。

見てみて、「全然だめだ、こりゃ」と思うような作品ではないことは確実に証明いたします。

「肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは」は、個人差によって多少の誤差はあっても、どんな性癖の人でも絶対に必ず性を彷彿させ、興奮するエロ漫画です。